2019.11.13 [ 開催:2019年9月21日(土)]

音の交叉点 vol.2

世界の「音」と出会い、体感できる。「音の交叉点」
今宵、未知の音楽体験を商店街で。

今回の音の交叉点では3組のアーティストにお越しいただきます。
【 ryohadano 】
【 松本佳奈 】
【 偶然の産物 】

夏の暑さ、日々の喧騒、疲労やストレス。何もかもを忘れて音に身を委ね、アーケードの商店街で音楽を味わい尽くしましょう!

▼日時

2019年9月21日(土)
18:00 開場・受付開始
18:30 開演

▼参加費

前売¥2,000円 当日¥2,500円 (どちらも1drinkチケット付き)
高校生以下無料(学生証の提示をお願いします)

▼チケット申込みについて

以下のフォームから参加申し込みを行ってください。入力いただいた方については前売り価格で入場可能、参加費は当日払いとなります。
https://forms.gle/KBxgpPhPVdhbv6s1A

---------------------

【Artist information】

<< ryohadano >>

山口県出身、静岡県浜松市在住のシンガーソングライター。 2008年頃より宅録を中心としたソロ活動を開始。 反復するギターアルペジオを基軸に、グロッケン、電子音、環境音等を重ね、静かに囁く言葉とメロディを配置した独自の楽曲群を自宅録音にて生み出し続けている。 2010年、2011年にCD-RによるAlbum2作をリリース。 以降インディ系レコードショップを中心に展開。 2014年9月、同世代のSSW 偶然の産物とSplit7インチレコード “85/85″を発表後、立て続けに、同年11月に3rd Al. “me me me”をリリース。 2018年2月、約3年ぶりに4th Al. “songs”をリリース。
Tw: https://twitter.com/appppplepie
soundcloud: https://soundcloud.com/ryohadano

<< 偶然の産物 >>

千葉県柏市を拠点に活動するシンガーソングライター三浦智史によるソロプロジェクト。アコースティックギターを軸にサンプリングを駆使し、流れるようなフォークサウンドを産み出す。どこか懐かしく心にチクッと刺さる詞の世界はまさに紡ぎ出された偶然の産物。2014年9月にはryohadanoとSplit7インチレコード “85/85″を発表。2016年には’’夢の跡から’’cassetteと3rdとなる’’謝辞’’CDの各アルバムを発表している。
Tw: https://twitter.com/utamamire
soundcloud: https://soundcloud.com/guuzennosanbutsu/

<< 松本佳奈 >>

海とあさりとブルーベリーの町、千葉県木更津市出身のアーティスト、シンガー・ソングライター。シンガーソングライターという枠組みにとどまらず、ブルーベリー園などの自然環境や、お寺、廃業した銭湯など、地域の特色を生かした四季折々のライブを自ら企画運営する。2018年に第一子を出産してからは助産院にて授乳やオムツ替えをしながら聴けるライブも開催。音楽活動の他にも、自然環境の中での自主保育や、食育、アートを用いた幼児教育「感性の教室」を主宰するなど、【違いを認め合う】をテーマに幅広く活動している。これまでに5枚のアルバム、2枚のシングル、2枚のDVDをリリース。
Tw: https://twitter.com/matsumotokana
Hp: https://matsumotokana.info/

Other event