2019.09.22 [ 開催:2019年5月27日]

公務員ってなんだろう

公務員という職業は、男子中高生がなりたい職業ランキング4位、女子中高生がなりたい職業ランキング1位となっています。(ソニー生命『中高生が思い描く将来についての意識調査2017』https://www.sonylife.co.jp/company/news/29/nr_170425.html

「公務員=安定」というイメージだけが広まっており、何が安定なのか説明できる人は多くありません。

学校の先生や警察官、消防士といった公務員はイメージできますが、市役所勤めの公務員となると具体的にどのような仕事をしているのかわからずに、なんとなく公務員になりたいと考えている学生は多いのではないでしょうか。

大人でも、市の政策に興味があっても公務員の方との繋がりがなく、そのことについて話す機会がない人、公務員に転職を考えているけど中途採用でいきなり入れるか心配な人、実際に市役所に入ったばかりでこれから何をして行くべきなのかビジョンがはっきりとしていない人もいるのではないでしょうか。

今回は、市原市で「出張牛久商店街」を通じて地域おこし・まちづくり活動に取り組んでいる小深山徹さんにファシリテートをしてもらい、実際に市原市役所で勤務している橋本浩一さんと佐野美月さんより、市役所の仕事内容を説明してもらいます。その後で、地域で困っていることやその解決策、解決した先に何が起こるかなど、自分が住んでいる地域のことについて考えるワークショップを行います。

参加者には公務員の方が普段何をしているのかを知っていただき、公務員の方には自分たちの仕事のやりがいについて再確認していただきながら、年齢や立場関係なく地域のことを考えていきましょう。

<開催概要>

日時:5月27日(月) 19:00~21:00
場所:Co-saten
   千葉県市原市五井中央西2-8-26シンコープラザ
料金:高校生1,000円
   大学生以上2,000円
定員:10名程度

<タイムテーブル>

18:30~      :開場
19:00~19:20 :自己紹介
19:20~19:50 :公務員の仕事内容の説明
19:50~20:30 :ワークショップ
20:30~21:00 :フリートーク
21:00~      :解散

▼参加申し込みは以下のFacebookイベントページから参加ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/423972601712298/

 

<主催者プロフィール>

橋本 浩一さん

1984年生まれ。
千葉県千葉市緑区出身。
上智大学大学院地球環境学研究科卒。

横浜市役所での勤務を経て2011年市原市役所入庁後、経済部商工業振興課で石油化学コンビナートなど製造業を中心とした産業政策に関わる。
経済産業省化学課出向を経て現職。

佐野 美月さん

1992年生まれ。
千葉県市原市出身。
中央大学文学部西洋史学専攻卒業後、2015年市原市役所入庁。

生涯学習部ふるさと文化課、スポーツ国際交流部スポーツ振興課オリンピック・パラリンピック推進室を経て現職。

小深山 徹さん

1995年生まれ。
千葉県市原市下矢田出身。

法政大学デザイン工学部都市環境デザイン工学科卒業後フリーランスとして市原市のまちづくりに携わる。
現在、市原市牛久地域の商店街の事業の1つである出張牛久商店街および、オープンロードの小川氏・右田氏とともに五井のコワーキングスペース「Co-saten」の運営に携わる。

 

Other event