2019.06.18 [ 開催:2019年4月21日(日)]

カンタン抹茶生活

「茶の湯」とか「茶道」とかいうと、堅苦しいとか、作法が面倒とか思われる方が多いのではないかと思います。ちょっと高級な旅館でウェルカム抹茶のサービスを受けてドキドキした経験はありませんか?

抹茶には色々な効能があり、健康にとても良い飲み物です。休日の朝、ゆったり朝抹茶、職場の3時のおやつで午後抹茶をしてみませんか。

茶道の古い言葉で、
茶の湯と はただ湯をわかし 茶をたてて のむばかりなる事と知るべし
というものがあります。

この講座では、お茶のことを知ってもらい、普段着のお茶生活を提案しつつ、奥深い日本の伝統文化である茶道の魅力を紹介していきたいと思います。

▼日時
2019年4月21日(日)
▼場所
Co-Saten Goi
〒290-0081千葉県市原市
五井中央西2-8-26シンコープラザ
▼参加費
一人2,000円
▼内容

 

石橋宗則プロフィール

1959年 市原市生まれ
1982年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1984年~ 千葉県立高等学校にて教職に就く
1985年~ 独学で陶芸をはじめる
1988年~ 裏千家 藤谷宗等師に師事

現在は、教職のかたわら油彩画、陶芸作品の制作、茶道を継続修行中
市原市・国分寺台在住

 

【メッセージ】

日本の伝統文化である茶の湯は、昔ながらのスタイルを踏襲しながらも、その時代時代に即したいろいろなことを吸収しながら現在に至っています。とかく、昔ながらのスタイルを以って「堅苦しい」と敬遠されがちですが、決してそのようなことはなく、自由に現代の生活の中に取り入れていく要素をたくさん持っています。ぜひ「お抹茶」を身近なものに感じていただきたいと思います。今回は、その「さわり」の部分を紹介しますので、少しずつお茶の魅力を感じていっていただければと存じます。

【参加申込みについて】

Facebookイベントページより参加申請をしてください。
https://www.facebook.com/events/343424866281441/

Other event